ネットワークビジネスの現状

私を変えた18日間の無料成功メールセミナー



000058_li.jpg



ネットワークビジネスの現状は、


ネットワークビジネス全体の売上総額は、現在GDPの1%にも満たないが、成長の可能性はまさに無限に広がっていると言える。


グローバルスタンダード化が急激に進展するなかで、多くの企業が旧態依然とした組織や手法からの脱皮に躍起になっている。


これらのことが、ネットワークビジネスが21世紀に向けてさらに飛躍できるチャンスを提供しようとしている理由だ。


まず、従来の問屋構造の問題がある。現に今、日本の流通機構のなかで「問屋無用論」がさかんに言われている。


その背景にあるのは、構造改革、規制緩和、価格破壊だ。長引く平成不況の中で消費沈滞が続いているが、多くの企業が深刻な業績不振にあえぎながらも、いかに利益を確保していくかに頭を悩ましている。


企業の施策としては、ムリ・ムラ・ムダを排除し、合理化・省力化を徹底する事が急務の課題なのだ。


しかし、それでも効果は微々たるものでしかない。だとすれば、これまでの業界構造までをしやいいれた、抜本的な改革を模索せざるを得ない。ネットワークビジネスがさらに台頭する好機となる。
 
 
一方で約6割の人が1人もリクルートを出来ずにおり

1人リクルートできた人が約4割弱、

2人リクルートできた人が約2割くらいしかいないという状況なのです。

でも安心してください。

私の体験では、このリクルートできない人は、ほとんどなんらかの理由で活動していない人なんです。つまりまじめにやっていないからリクルートできないだけなんです。


 

↓↓楽しい人生を得たいあなたへ↓↓
【実録】中年サラリーマンがビジネスで自由を得た訳!



-------------------------------------------------


いい会社を見つける為の四つの条件誰にでも出来る新しいネットワーク作り



スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
コメント
コメント投稿フォーム:
トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
Copyright (C) ネットワークビジネスで成功した現役サラリーマン. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。