ネットワークビジネス・苔善 

格差社会の敗退シニアにならないためのビジネスとは?


IMG_2332.jpg


ネットワークビジネス・苔善 「マロー」配合した美容液を発売開始 ヒアルロン酸も高配合  
 


牛の骨髄を主成分にした健康食品『オノダマロー』を主力商材にネットワークビジネスを展開する苔善(本社愛知県額田群幸田町、草次ミスズ社長)は3月28日、マロー配合した美容液『マローローション』を発売した。


牛の骨髄をベースに開発したマローに、植物成分のローズマリーや、オオバク、ダイズエキスがハリと透明感のある美しい素肌へ導くという。



保湿成分として2種類のヒアルロン酸を独自の比率で配合し機能性を高めた。
内容量180ミリリットル、税込価格1万500円。『マローローション』の使用後に、クリーム『オノダマロークリーム』を使用することで、さらにうるおいをキープすることができるという。



マローの主な成分とそのはたらき
   
脂肪80%    リン脂質の含有量が高く、中でもスフィンゴミエリンは脳細胞の特殊な栄養素です。 
   
タンパク質11.5%     全ての細胞の主要構成成分です。 
   
ミネラル0.55%  全てのミネラルを含有していますが、特にカルシウム、マグネシウム、鉄分が多く、骨、血液の製造原料となります。 
   
ビタミンA・D  粘膜の抵抗力・成長力を助けるのに欠くことのできないビタミンです。 
   
ビタミンB1〜B12  代謝ビタミンとして欠くことのできないビタミンです。 
   
コラーゲン・コンドロイチン  保湿作用があり、細胞結合組織に欠くことのできないものです。


身体に不可欠なリン脂質が豊富 
 
 脳そのものの構成成分は、水分を除くと半分は脂質で、三割はたんぱく質です。たんぱく質の割合は他の体の部分と比べるとかなり少ないのです。


つまり脳の特徴的成分は脂質であるといってもいいでしょう。脳の脂質は皮下脂肪のようなアブラ≠ニはちがって細胞や神経線維の内部にまで入りこんでいます。


また皮下脂肪のような脂肪は体内でつくることが出来る飽和脂肪酸と呼ばれるものですが、脳の成分である脂質は不飽和脂肪酸(主にリン脂質)と呼ばれ、体内でつくることができず体外からとり入れねばならないものです。


脳の主成分であるリン脂質は、体外から摂るしか方法がなく、そのリン脂質はマローの主成分です。



脳の神経細胞は、日々、膨大な量の情報を処理しています。そのエネルギーは血液に頼っていますが、心臓から送り出される血液の30%が脳へいくといいますから驚きです。また、脳の主成分であるリン脂質は脊髄を経由して首から脳へとマローから補充されます。



このリン脂質は、脳の神経細胞が情報交換するために必要な伝達物質にも必要であり、マローの充実が老化の防止や脳の活性化に重要な役割を担っています。
 




最短距離の道のりで 『リッチリタイア』 できる仕組みを準備しました。



フェイスブックページを始めました、より多くのネットワークビジネスの情報を提供しています! ネットワークビジネス・成功者への道 | Facebookページも宣伝
スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
コメント
コメント投稿フォーム:
トラックバック
スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
Copyright (C) ネットワークビジネスで成功した現役サラリーマン. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。