ネットワークビジネス

ネットワークビジネス・マナビス化粧品


友人、親戚は誘うな!驚異のネットワークビジネス成功マニュアル

 


社名の由来は“Naturae Vis Maxima

(ナチュラレ ビス マキシマ)”であり、これは、
ラテン語で「最大の力は自然の力なり」の頭文字に
由来するとのことです。
 


マナビスグループの敷地面積は約3,000坪あります。

マナビス化粧品は老舗メーカー・製造会社として20年の
歴史があります。
 


販売会社としての展開は2005年の9月からです。


会社名:株式会社マナビス 
設立:昭和62年 
資本金:4,500万円 
所在地:本社・工場 千葉県浦安市 
代表取締役社長:田本 保雄

 
自社工場内にて、研究・開発・製造・販売をすべて一貫
して行っています。原料からパッケージまで、極めて
厳正な品質管理のもと製品が製造されています。
 


マナビス化粧品は品質保証に関する国際規格「ISO9001」と

環境に関する国際規格「ISO14001」を取得し、
運営の指針としています。
 


マナビス化粧品化粧品は数少ない製造販売会社であり、

過去90社ほどの他社ブランドの商品の製造実績を
もっています。
 


会員制の販売となるが会員登録の際には、

商品(定価5,000円/ツール品は除く)1個以上の
購入が必要となっています。
製品の大部分が定価5,000円です。


マナビス化粧品の製品には、薬用スキンウォッシュ、

薬用スキンマスク、薬用エモリエントローション、
薬用ホワイトニングエッセンス、薬用レストアジェル、
薬用リンクルジェル、スキンカバー、薬用シャンプー、
ヘアパック、クリーナー、フェイスペーパー、
モイスチャーシート、スタイリッシュミラーがあります。
 


”素肌がほっとするスキンケア”がテーマということで、

洗顔料や化粧水・美容液といった基礎化粧品のみの展開です。
絞り込まれた商品ラインナップにファンになる会員が多いと
いうことです。
 


天然素材のハーブを中心にしたもので使用感は良好なようです。

イベントセミナー開催は連日全国各地で開催されています。 




友人、親戚は誘うな!驚異のネットワークビジネス成功マニュアル



--------------------------------------------------------------------
ネットワークビジネスで成功する為の心の訓練

ネットワークビジネスであなたは生まれ変わります



自分みたいな人間がもう一人いればいいなと思えるかが重要

あなたの分身を作るビジネスがあります



2013-07-29_2237.png


*限界意識を乗り越えるには自己を否定する


もうこれ以上は出来ないと思う時があります、決して否定的な

意識からではなく、冷静に考えた正しい判断としてそう思う時が
あります。

しかし、そんな時でも、本当の限界に達している事はまずありません
もうこれ以上出来ないと言う思いは、正確には自分はもう出来ないと
感じている、あるいは、嫌になったと言う事です。

どちらも真の限界ではありませんが、限界意識を持ちやすいのが
人間です、限界意識を乗り越えるには、自分は出来る人間である
自分はめげない粘り強い人間である、といった自分に対する
肯定意識を持つ事です。

自分が肯定意識を持っていれば、他人への接し方にも表れて、
相手も同じように肯定意識を持つようになり、その人の力を
発揮するようになります。

その結果、自分みたいな人間がもう一人いてくれたら・・・・
と思うような人が自分の周りに集まってきます。

*自己繁栄の出発点は自他肯定人間になる事


長く繁栄し、発展していく会社に見られる共通点は、

どんな場合にも人に重点を置いている事です。

この点、ネットワークビジネスは、人の輪によって市場を
拡大していくビジネスですから、最初から人に重点を
置いています。

これはシステムとして、長期的な発展を約束されている
ようなものです。
ただし、ビジネスの基本を守ってやっていかなければ
保証はありません、基本から外れてしまえば、
いくらシステムとしての発展の可能性が
あっても、個人やグループの発展は望めません。

基本を守らない動きで迷路にはまった時、組織を
いじったりメンバーを叱咤激励をしても、あまり効果は
ありません。

それよりも、自分みたいな人間がもう一人いればいいなあと
思えるような自分になる事が必要です。

なぜなら、ネットワークビジネスでは鏡の法則によって
ビジネスが伝わっていくので、周囲の人達があなたの真似をして
レベルアップしてくれるからです。

あなたが仕事の出来る先輩であれば、自分の系列グループの
メンバーは必ず成長し、ネットワークづくりは上手くいきます、
グループのレベルアップはそのまま自己の繁栄へと結びついて
いきます。

*他人に感謝し自分を反省する謙虚さが良い方向へ導く


自他肯定人間として行動し、自分の周りに有能な人物が

集まってくれば自然にビジネスは発展していきますが、
もう一つの条件として明記しておくべき事は、
「上手くいっている時はグループのおかげ、うまくいかない
時は自分のせい」と思う事です。

日々生じる事を一つ一つ分析して正しい判断を下す事は難しいし、
判断ミスも出てきます、そこで、全体に結果が良い時には
他人への感謝も込めて
「グループのメンバーが一生懸命動いてくれた成果である」
と解釈します、そうすれば、グループ全体が活気を持つ
ようになります。

逆に、結果が悪かった時には、原因追求も大切ですが、
「全体として自分のせいである」と言う見方をします、
そうすれば、悪くさせている要素が拡大するのを防ぐ事が出来
グループの活気を失う事なく、修正可能になってきます。


あなたの分身を作るビジネスがあります


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


MLM基礎知識
MLMに向く人、向かない人



ネットワークビジネスの量の差が質の差を生み出す原則とは

あなたが今やるべき事はこちらから見つける事ができます。



2013-07-27_0734.png


どんな物事でも、ただがむしゃらにやったからと言って初めから

完璧に出来る人はいません、何度も繰り返しやって技術や方法を習得
していくものです。


 

重要なのは、2、3回しかやっていない人と100回やった人では
100回やった人の方が明らかに上手だと言う事です、莫大な

量の行動がやがて質の差になってきます。


この経験が無いままに、何かツールを使って手に入れたとしても
根本的な事を理解できていないので、後々にビジネスを大きく
展開する時や、横に広げて行く時、またはノウハウを人に伝える
時に自分に何もない事が分かります。


*人間関係を上手く作ると成果は飛躍的に増大する


算数では1プラス1は2です、通常のビジネスでは、1プラス1が

5や10になります。


それがネットワークビジネスでは、1プラス1が50にも100にも
なります、そうなる人とそうならない人の差は、人間関係の巧拙から

生まれます。


一人でも多くの人に協力してもらうのがカギであり、その為には
周りの人がいかに気持ちよくビジネスに取り組めるかを考えていく

必要があります。 


ネットワークビジネスは自分が愛用する製品の良さを人に伝える事が
仕事です、伝わらなかったらビジネスとしてはダメですね。
ですから、自ら心をひらいて相手の気持ちになって接する事が重要だと

言う事ですね。



あなたが今やるべき事はこちらから見つける事ができます。


--------------------------------------------------------



あなたの人生、私からの願い、そして明日への挑戦

スポンサーしようとする相手からよく出る質問





スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
Copyright (C) ネットワークビジネスで成功した現役サラリーマン. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。